2009年02月18日

中小企業緊急雇用安定助成金(略称中安金)の計画書提出

ここ最近は、中安金の20日締めと25日締めの企業さんの計画書作成と提出、そして出張のためこのコラムが滞ってしまいました。
2月6日の改正以来変更点はないようなので、最新情報は2月5日付の当コラムをご覧ください。

今日も、2月20日賃金締め切り分の計画書を提出してきました。(明日明後日も溜まっていますが)
ハローワークの窓口へ行くと2社手続き(雰囲気からすると中安金)の最中でしたが、10分ほどで順番が来ました。2か所ほど指摘事項がありましたが、2社分結構簡単に受け取っていただきました。
企業様により休業のパターン、休業手当のパターン、就業規則、賃金規定の記載のパターンなど様々ですので添付書類などをそろえることが必要なようです。

今日提出の企業様は、2月21日より全日休業と月曜日のみ出勤で他はすべて休業など中小企業の特に加工業、製造業の厳しさが実感されます。

今回、従業員さんへの説明のときに感じたのですが、「休業手当は平均賃金の60%」というパターンが多いのですが、実際に計算してみると低い金額になることが多いです。
そこで、シュミレーションをもとに「受給額」と実際に払う「休業手当」を示して休業手当の再考をアドバイスすることもあります。

平均賃金の60%以上」は労働基準法に定める基準なので、企業としてはこの厳しい環境で仕方がないのかもしれませんが、従業員の方の生活も考えなければならないような気がします。

この助成金を使うことにより、解雇を避けることが可能で、少しでも救われることになればと考えます。また、この助成金の情報をもっと広めることも必要だと思います。
京都労働局のパンフレットによると、3月から毎週この助成金の説明会が行われるようです。仕方がないのかもしれませんが少し遅いような・・・・・

中小企業緊急雇用安定助成金(略称中安金)のご相談はこちらへ!

適格年金制度の問題点で御困りの会社の方はこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。