2009年01月23日

中小企業緊急雇用安定助成金 (略称 中安金)の提出書類等

中日新聞に長野県の例として「15日休業した例も 中小企業雇用安定助成金の申し込み相次ぐ」との記事が掲載されました。

一昨日、管内のハローワークの助成金窓口に行ってきましたが、2社ほどがこの助成金略称 「中安金」の相談をされていました。
しかしながら、2社とも、「また相談に来ます」と言い残されて帰られました。

この助成金は、休んでもらった従業員に労基法に定める(6割以上の)休業手当を支払うことが前提になっていて、その支払った休業手当相当額の5分の4を助成する制度です。

しかしながら、当然のことですが、提出書類添付書類持参書類が多く、ハードルが高いと感じられるのかもしれません。そのようにお感じのときは専門家である社労士にご相談ください。

リストラされる従業員の方にも、家族があり、生活があります。
リストラ以外の方法に全力を尽くしていただきたいと思います。そのための国の支援です。

今日は、その提出書類、添付書類を記載しておきます。
*都道府県により若干添付書類、持参書類が違う可能性がありますのでご注意ください。
なお、この例は京都府管内のものです。

<初 回 分>
休業等実施計画(変更)届 <調様式第101号-(1)>
雇用調整実施事業所の事業活動及び雇用の状況に関する申出書 <調様式101号-(2)>
(添付書類)
@個人別休業実施計画表
A休業協定書(写)
B雇用調整の実施に関する従業員代表者選出同意書(労働組合等の規約と代表者選出時の公示文)
C生産月報・月次損益計算書・総勘定元帳等の生産量等の減少が確認できる資料
D履歴事項全部証明書(写)
E定款(写)
F会社案内、パンフレット、経歴書
G就業規則
H賃金規定
I会社組織図(各人の所属がわかるよう氏名を記入済みのもの)
J「労働保険概算確定保険料申告書
K年間休日カレンダー(当該休業日を含むものとその前年分。*始まりが4月1日の場合は前々年分必要)
L賃金台帳・出勤簿(様式の確認のためなのでサンプルでよい)


<2回目以降>
休業等実施計画(変更)届 <調様式第101号-(1)>
@個人別休業実施計画表
A休業協定書(写)

*実施計画書25日まで受け付け ⇒ 翌月末をめどに支給
 実施計画書26日以降受け付け ⇒ 翌々月末をめどに支給

中小企業緊急雇用安定助成金(略称 中安金)のご相談はこちらへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。