2008年12月06日

残業代が25%以上に!

新聞記事段階ですのでまだ詳細はわかりませんが、「改正労基法」が成

立しました。

今回のポイントは、残業の割増率の引き上げです。

@「月45時間までの残業の割増率」は、25%以上。

A「月45時間を超え60時間まで」は、労使協議で割増率を決める。

B「月60時間を超える」は、50%以上の割増率を義務づける。

今までは、長さに関係なく一律25%以上でしたので、大きな問題をはら

んだ改正になります。

なお、中小企業については、Bの「月60時間を超える」に関しては義務

付けず、施行から3年後に再検討するそうです。

施行は、2010年4月からです。

中小企業に関しては、月45時間以上の定額の残業代を支払っている場合

や月45時間以上の残業をしている場合は、割増率の見直しをする必要が

あるということです。

1年3カ月後とまだ先のように思いますし、その時の経済状況がどうなっ

ているか不透明な部分はありますが、その時から施行されるという法律

ですので、注意が必要です。

就業規則の見直し、是正勧告のご相談はこちらへ

http://www.kkc-group.jp/




posted by kkcグループ at 11:35| Comment(0) | 残業代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。